アプリ連動型(IoT対応)のEMSを紹介

最近発売されたEMSの中には、スマホをコントローラーにしたり、トレーニングの状況を確認したりできる商品も多く発売されています。

そこで、ここではアプリ連動型のEMSを紹介しています。

 SIXPAD(シックスパッド)

シックスパッドの特徴

  • 複数の種類が販売されており、鍛えたい場所によって選べる
  • TVCM放送中
  • いつでも使える充電式
  • IoT対応なので、スマホがコントローラーになる
  • 20段階のレベル調整
  • セット購入で割引

クリスティアーノロナウド選手がイメージキャラクターとなり、話題になったEMSがSIXPADです。SIXPADの種類は全部で5種類あり、組み合わせることで全身を鍛えることができます。また、IoT対応でスマホをコントローラーとして使うこともできます。

デメリットは価格です。複数の種類を購入すると初期費用も必要ですし、維持費も高くなってしまいます。

シックスパッドの評価
口コミの評価
 (4.0)
売上
 (5.0)
信頼性
 (5.0)
価格
 (3.0)
維持費
 (4.0)
総合評価
 (4.5)
シックスパッド詳細
販売価格21,384(税込)~

スレンダートーン

スレンダートーンの特徴

  • 腹筋300回に相当する効果
  • 世界販売台数860万台の信頼
  • 特許取得の独自設計を採用
  • 正面、右脇腹、左脇腹の3点を一気に鍛える
  • 腹筋300回に相当
  • 自由に動けるコードレス
  • 充電式で電池交換不要

EMSの中でもロングヒットとなっているのがスレンダートーンです。スレンダートーンはなんと世界販売台数で860万台を突破しています。腹筋運動300回相当のパワーと最新機種ではスマートフォンがコントローラーになるなど常に進化をしているEMSとなっています。

特許取得の独自技術を採用することで正面、右脇腹、左脇腹の3つの筋肉と一気に鍛えることができます。

スレンダートーンの評価
口コミの評価
 (4.0)
売上
 (5.0)
信頼性
 (4.0)
価格
 (4.0)
維持費
 (3.5)
総合評価
 (4.0)
スレンダートーン詳細
販売価格・パーフェクトセット:29,800円(税抜)
・アブベルト&コントローラー:19,800円(税抜)
・アーム&コントローラー:19,800円(税抜)