マイプロテインHMBタブレット成分や口コミでの評判

激安プロテインでお馴染みのマイプロテインから発売されているHMBを紹介します。私もマイプロテインのプロテインを飲み続けています。

HMBタブレットは約90食分で定価3,840とHMBも激安販売となっています。マイプロテインの商品ですので品質にも問題ないでしょう。

HMBとは?

水を飲む男性

HMBは日本でも一般的に知られるようになったのは最近ですが、フィットネス業界では古くから知られていた成分です。日本では2010年から発売が許可されるとともに多くの企業が販売を始めたことで広く知られるようになりました。

HMBでは少し間違った知識が広がっているようです。例えば、HMBを飲むだけで筋肉が大きくなる、痩せるなどと考えて購入する方も多いようです。販売サイトにも少し問題もありそうですが。

まず、HMBとは飲むだけでムキムキになったり、痩せたりするサプリメントではないと言う事を知っておいてください。

HMBはトレーニングの効果を高めるサプリメントです。HMBには、たんぱく質合成の増大、筋肉分解防止などの効果があります。増量期、減量期などどちらでも必要になります

ただし、人によってはHMBの優先度は低いという方もいますので、ご自身のトレーニングの仕方によって摂取方法を考えると良いでしょう。

HMBは摂取しにくい

HMBはロイシンの代謝物からできるアミノ酸の一種です。ですので、食事やプロテインから摂取する事ができます。しかし、1日に必要な量を摂取するには膨大な食事から摂取しないといけません。

その分、HMBサプリメントなら必要量を簡単に摂取する事ができます。

プロテインよりも効果が高い?

いろんなサイトを見ているとHMBはプロテインよりも効果が高い!効率が良い!と書いてありますが、HMBとプロテインは比べるものではありまん。そもそも、HMBはロイシンを摂取するもので、プロテインはたんぱく質をバランスよく摂取するものです。ロイシンはたんぱく質の中のアミノ酸のBCAAのロイシンという成分です。つまり、HMBで摂取するロイシンはプロテインでも摂取できているのです。

では、プロテインと何が違うのかというと、HMBはロイシンがプロテインの約20杯分含まれているということ、ロイシンの吸収がプロテインよりも早いということです。

一概にプロテインよりも効果が高いなどの表現は違うと思います。ちなみに、私はプロテインとHMB両方摂取しています。

口コミでの評価

粉末に比べ値段は高くなりますが、外に持ち出すにはタブレットの方が何かと便利です。 粒は大きめですがマイナス点になる要素では無いかと。 筋トレを始めたばかりの人の方が効果は出やすいのでHMBはお勧め出来ますし、マイプロはセールなどを考えるとかなり安く買えます。 瓶のデザインもシンプルかつスポーティーでお洒落だと思います。

引用:マイプロテイン公式サイト

減量時のカタボリック防止に購入しました。 他にも脂肪燃焼サプリとしてカルニチンやCLAとの併用でHMBを1日に3g飲んでいます。 飲み方は朝1昼1夜1の3回で3gとオーソドックスな飲み方です。 減量ペースは月3kgで落としています。 インボディの結果は筋肉量が若干増えてましたが、誤差の範囲でしょう。 挙上重量は変化無しで体脂肪だけが減ってる感じです。 どんなサプリもそうですが、自分に合った飲み方と量を見つける事が結果に繋がるので食事をメインに+αとしてサプリを有効活用して行く事が重要だと思います。

引用:マイプロテイン公式サイト

中年太りを食い止めようと、HMBは毎日飲んでいます。 粉の商品を飲んでいたのですが、この錠剤に変えました。 摂取が簡単なんで良いですね。

引用:マイプロテイン公式サイト

以前の大きさのタブレットは、大き過ぎて飲みにくかったが現在のものは、小さくなり飲みやすくなった。

引用:マイプロテイン公式サイト

外でも飲みやすいようにと思い、タブレットにしました。 大きいので、指でパキッと2つに割って口に放り込んでいます。 1回2錠、1日3回、クレアチンとともに飲んでいます。 加えて、1日のどこかのタイミングでプロテインも飲んでいます。 なんせ筋トレからしばらくはなれていた痩せ型の中年なので、トレーニングすればそれなりに体つきが変わってくるため、どれだけがHMBのおかげなのかは正直よくわからないのですが、以前のプロテインだけのときよりも、筋肉がつくのが早いような気がしています。

引用:マイプロテイン公式サイト

マイプロテインHMB詳細

HMB1食分当たり2錠で1g
内容量180錠(90日分)
成分3-ヒドロキシイソ吉草酸(HMB)

賦形剤 (セルロース, マルトデキストリン)

ポリビニルピロリドン

固結防止剤(ステアリン酸マグネシウム)

参考価格3,840円
1日あたりの価格約43円(1日2錠で計算)

 

女性が使っても大丈夫?

HMBはお薬ではありませんので、女性が飲んでも問題ありません。HMBを飲んだら筋肉が付きすぎるのではないかなどの心配もあるかもしれませんが、女性の場合は男性よりも筋肉が大きくなりにくいので心配ありません。反対にカラダにメリハリができるので引き締まったスタイルになります。

HMBは女性専用のサプリメントが発売されていますが、こちらの違いは成分です。女性用HMBサプリメントには女性向けの成分が入っています。とは言っても内容に大きな違いはありませんので、HMBアルティメイトのような男性向けに見えるサプリメントを摂取しても問題ありません。

ただし、妊娠中や生理中など特別な場合は飲用を控えたほうがよいかもしれません。心配な方は医師に相談してみましょう。

副作用がある?

HMBを飲んでいて副作用が出た人などの報告はないようです。HMBは普通の食品の中にも含まれている成分でお薬ではありません。しかし、どんな食品でも体質により合わない場合もあります。その場合には、摂取量は少量にするか使用を中止してください。

1日の摂取目安は?

HMBは1日に3g摂取するのが効果的です。マイプロテインHMBタブレットで1日3gを摂取しようとすると約6粒です。HMBタブレットのサイトでは2粒計算で90日になっていますから、6粒摂取すると30日で無くなってしまうことになりますのでコストパフォーマンスが悪くなってしまいますね。

この辺りはどのように、HMBタブレットをどのように使っていくのかによって判断がわかれると思います。

 HMB含有量通常価格初回(定期)2回目以降
ビルドマッスルHMB1,500mg7,900円500円5,925円
メタルマッスルHMB
1,600mg8,640円500円6,480円
キレマッスル1,800mg9,972円500円6,980円
パーフェクトボディHMB
1,500mg7,700円500円6,930円
パーフェクトビルドEAA
表記なし7,900円630円5,925円
HMBアルティメット
1,500mg9,258円500円6,480円
BBB(トリプルビー)表記なし8,640円500円6,480円
HMBマッスルプレス
45,000mg6,700円500円4,950円
Body Make Program HMB
1,000mg5,980円500円4,980円
マッスルエレメンツ
1,500mg7,900円500円6,320円