ひげ脱毛に関する基礎知識

毎日のひげの手入れば面倒、青いひげが嫌、カミソリを使うと肌荒れが。こんな、お悩みがある方も多いと思います。ひげが伸びるのが早い方は、朝剃って昼には伸びて電動シェーバーを持ち歩いている方もいるかもしれません。

そんな方に人気なのがひげ脱毛です、この記事では、ひげ脱毛について紹介します。

痛みはある?

ひげ脱毛に限らず、脱毛には痛みが伴うのが通常です。ただし、痛みがほとんどない脱毛器を取り入れていたり、麻酔を使うことで痛みを減らす工夫をしています。

また、クリニック、エステサロンでも施術の方法が違いますので、直接確認してみるのがいいでしょう。

レーザー脱毛と光脱毛どっちがいい?

レーザー脱毛は医師が在籍してるクリニックでのみ施術を受けることができます。レーザー脱毛は光脱毛よりも高出力で、短期間で脱毛効果があります。

光脱毛はレーザー脱毛よりも低い出力で行います。光脱毛は医師が在籍する必要がありませんので、エステサロンでも行えます。低出力で行うために、痛みが少ない反面、脱毛期間が長くなりがちです。

どのくらいの期間が必要?

ひげの濃さや太さ、また、施術を受ける場所によって変わってきますが、およそ半年〜2年ぐらいです。

完全にひげがなくなるまで施術をするのか、ある程度薄くなれば大丈夫なのか個人差がありますので、施術前に確認をすると良いでしょう。

青ヒゲも無くなる?

青ヒゲの原因はヒゲを剃った後のひげが皮膚を透けてみえることで青く目立ってしまいます。

つまり、カミソリや電動シェーバーではヒゲが残ってしまうので青みも残ってしまうのです。レーザー脱毛や光脱毛では、毛根から処理しますので青ヒゲが目立たないような処理をすることができます。

永久脱毛すると毛が生えない?

永久脱毛って言葉を見ると一生毛が生えてこないと思いますよね。しかし、永久脱毛をしてもヒゲが生えてくることはあります。

永久脱毛の定義として

脱毛の施術が完了してから1か月後の時点で、毛の再生率が20%以下の場合

と定義されています。ですので、まったく生えてこないわけではないのですね。どのくらいで生えてくるかは個人差がありますので、一概には言えませんが、永久脱毛してもまた生える可能性があると考えておくと良いでしょう。

市販のヒゲ脱毛器との違い

市販のレーザー脱毛器や、光脱毛器はクリニックやサロンで使われているものよりも、出力が弱く誰でも使いやすようにできています。

ヒゲ以外にも全身使えるものもありますのでコストパフォーマンスは高いです。あまりお金をかけたくない方は利用してもいいでしょう。。

まとめ

以上、ヒゲ脱毛に関する基礎知識について紹介しました。毎朝、ヒゲを剃ったりするのが面倒、青ヒゲが気になる、そんな方は、クリニックやサロンを利用してもいいかもしれませんね。