シックスパッドは痩せる効果はある?筋肉に効かない?

SIXPAD(シックスパッド)とは?

SIXPAD(シックスパッド)は体に貼りボタンを押すだけで気になる部分を鍛えることができるフィットネス器具です。

世界的でトップクラスのサッカー選手。クリスティアーノ・ロナウド選手がTVやCMで紹介して話題になりました。前作のSIXPAD(シックスパッド)は在庫切れになるほどの人気で、大手通販サイトのランキングでも常に上位に入っています。

SIXPAD(シックスパッド)は筋肉に電流を流すことで筋肉を刺激し、筋肉を鍛える事ができるので運動が苦手な方や、忙しくて運動をする時間がない方などにおすすめの器具です。

このサイトで新商品のSIXPAD(シックスパッド)をSIXPAD(シックスパッド)2と表記しています。

SIXPAD(シックスパッド)正規販売店

SIXPAD(シックスパッド)の正規販売店はMTGオンラインショップになります。

現在、SIXPAD(シックスパッド)の模倣品やコピー品が出回っているので、SIXPAD(シックスパッド)の購入はMTGオンラインショップで購入しましょう。極端に安く販売されているサイトなどでの購入はおすすめできません。

SIXPAD(シックスパッド)の購入は公式サイト

SIXPAD(シックスパッド)の購入は公式サイトがおすすめです。SIXPAD(シックスパッド)には類似品が多く、多少安く販売している商品もあります。しかし、中身は全く別物ですので注意が必要です。公式サイトだと間違いなく本物ですので安心です。

公式サイトでは、ポイントも貯まりますので、追加のジェルシートを購入する際にもお得に購入できます。

現在、旧商品のSIXPAD(シックスパッド)と新商品のSIXPAD(シックスパッド)が発売されていますので、購入するときに間違えないように注意してくださいね。

公式サイトは1年保証付き

公式サイトでは1年間の保証付きです。また、万が一破損や不良、などがあった場合にも対応してもらえます。

発送には万全を期しておりますが万が一、配送中の破損や不良、ご注文と違う商品が届いた場合、商品到着後7日以内にご連絡いただきましたら、商品を交換させていただきます。なお、開封済み商品、注文違いなど、お客様のご都合による商品の返品・交換をお受けできません。

シックスパッドは痩せるのか?

シックスパッドはダイエット目的で利用する方が多いと思います。そこで、実際に痩せることができるのかを検証しています。ちなみにネット上にはビフォーアフターを掲載している方もいますが、食事制限や筋トレを組み合わせればダイエットするのは難しくありません。また、ステマが多いのも確かです。

EMSの効果は?

EMSは研究者の論文でも様々な結果が出ている器具です。日本での研究では、お年寄りや筋力が弱い方に対しては筋力アップやお腹回りの脂肪の減少などの効果あるとの結果が出ています。また、海外の研究では最近まではEMSは効果ないという論文が多かったですが、最近ではEMSの効果を見直すような論文も発表されています。気になる方は「EMS論文」と検索すると出てきます。

今のところ言えるのは、普段から筋力トレーニングを行っている方よりも、お年寄りや運動不足で筋力が弱っている方の方が効果が出やすいということです。私はジムなどで継続的のトレーニングをしているので、劇的な脂肪の減少や筋力アップのような効果を感じることはありませんでした。筋トレも並行して行っているので、どちらの効果でカラダが変わっているのかわかりにくいというのもあります。EMSはあくまでも効いてそうだなぐらいの感覚で使っています。

筋トレとEMSどちらが効果があるのかという議論もありますが、ジムに行く時間や自宅で筋トレを行う時間がある方は、筋トレが効率的です。しかし、ほとんどの方は仕事や趣味などで筋トレをする時間が取れないと思います。そんな方は筋トレの代わりにEMSを使いながらゆっくりでもいいので筋肉量を増やすのもおすすめです。

シックスパッドの効果検証

シックスパッドの公式サイトには中京大学 国際教養学部 渡邊 航平 准教授とともに、SIXPAD トレーニング(筋電気刺激)で筋収縮が行われ、生理学的に筋疲労が起こり得るのかを検証した論文が掲載されています。EMSの中でもこのように論文まで紹介しているものは他にありません。

論文は非常に長く難解ですので、短くまとめて紹介します。

被験者は男性12名です。BMIは20.7±1.5ですので標準体型です。論文によると、電気刺激を行うことで最大筋力の低下が認められています。EMSで大筋力が低下したということは、筋肉に刺激が届き、筋疲労しているということになります。筋肉はストレスが起こることで疲労して筋線維に傷が入ります。このタイミングで十分な栄養と休養をプラスすることで、以前よりも強い筋肉が作られます。

つまり、論文によるとシックスパッドを使うことで、筋疲労を誘発することができることが示唆されています。

参照:http://www.mtgec.jp/wellness/sixpad/inspect/

筋肉とダイエット

EMSは筋肉量を増やすことができるという結果が多く発表されています。ダイエットになぜ筋肉が必要かというと、現在は運動量が少なくなり筋肉量が少ない人が増えてきています。食べ過ぎで太ると思っている方も多いと思いますが、現在の摂取カロリーは戦後の1946年よりも少なくなっています。それでも、戦後間もない時期よりも圧倒的肥満が多い原因は筋肉量と運動不足が原因です。

筋肉は代謝に大きく関わっていて、筋肉量が低下すると消費カロリーが減少してしまいます。そのため、筋力トレーニングなどで筋肉量を増やすと消費カロリーが増え痩せやすいカラダを作ることができるのです。

筋肉を増やすための食事

EMSで効果が出ない方の原因は食事にあるかもしれません。筋肉量を増やすためには食事が重要です。筋肉の約80%はたんぱく質で構成されていますので、たんぱく質が不足してしまうとEMSで筋肉が増えるどころか減ってしまいます。

ダイエット中だからと言って、肉などのたんぱく質を制限してしまう方がいますがたんぱく質を減らすと筋肉量が減ってしまいます。そのために、消費カロリーが減りリバウンドしやすいカラダになってしまいます。

また、糖質制限ダイエットを行うと、筋肉を消費しますので急激な糖質制限には筋肉を減らすデメリットもあると覚えてください。

たんぱく質を摂取するには、肉、魚、大豆製品、などを積極的に摂取しましょう。最近は、男性女性問わずにダイエット中でもプロテインを飲んでいる方も増えてきました。ですので、プロテインを飲んだり、筋肉の分解を抑える『HMB』を摂取するのもよいでしょう。

どの部位に効果がある?

SIXPAD(シックスパッド)で鍛えることのできる場所が違いますがまとめると。

 場所価格
Abs Fit2腹筋25,800円(税込:27,864円)
Body Fit2ウエスト

19,800円(税込:21,384円)
Leg Belt27,500円(税込:29,700円)
Arm Belt22,800円(税込:24,624円)
Abs Beltお腹39,800円(税込:42,984円)
43,000円(税込:46,440円)

などです。商品によって鍛えることのできる場所が違いますので、購入の際は確認してくださいね。

痩せるためにはどこを鍛えるといい?

SIXPAD(シックスパッド)といえば腹筋を想像すると思いますが、腹筋の筋肉は小さくエネルギー消費量も少なめです。ですので、同時に脚などの大きな筋肉を鍛えるのがおすすめ。大きな筋肉はエネルギー消費量も多くなりますので、ダイエットには効果的です。

  • Body Fit2
  • Leg Belt

を使ってもいいですし、スクワットを行うだけでも下半身の筋肉を広く鍛えることができます。

シックスパッドと他社のEMSとの比較

 価格口コミ評価
周波数使える場所
SIXPAD227,864円など20Hzお腹・腕・太もも
スレンダートーン21,384円など50〜70Hzお腹・腕
パーフェクト4500HOT151,200円4500Hz全身
スポパッド8,208円お腹・腕・太もも
Vアップシェイパー11,858円200Hz〜5000Hz
お腹
EMSエクサパッド1011,800円お腹
バタフライアブス13,824円お腹・腕・太もも