人気のEMS「シックスパッド」「バタフライアブス」を徹底比較

気になる場所に貼るだけで筋肉を鍛えることができる。話題のエクササイズマシンEMS。

そんなEMSの中でも今話題のSIXPAD(シックスパッド)とBUTTERFLY ABS(バタフライアブス)を比較しました。両方のEMSを使ってみた感想も掲載していますので参考にしてくださいね。

シックスパッド・バタフライアブス比較表

商品名SIXPAD(シックスパッド)バタフライアブス
価格アブズフィット2:25,800円
ボディフィット2:19,800円
アームベルト:22,800円
レッグベルト:27,500円
アブズベルト:39,800円・43,000円
バタフライアブス:12,800円
WEB限定価格:9,700円
使える部位腹筋・ウエスト・腕・脚腹筋・ウエスト・腕・太もも
種類アブズベルト2
ボディフィット2
アームベルト
レッグベルト
アブスベルト
バタフライアブス
保証期間1年間(公式サイト)6カ月
信頼性・安全性株式会社 MTGは日本ホームヘルス機器協会に加盟しており、EMSの安全基準に関するJIS検討委員会に参画。また、大学教授らと効果検証などを実施アメリカ政府機関FDAの基準をクリア
ジェルシート2,246円~2枚3,800円
プログラム23分のオートプラグラム6種類の運動プログラム
レベル20段階10段階
周波数20Hz記載なし
電源シックスパッド:電池
新シックスパッド:充電式
充電式
アプリ対応×
販売業者株式会社MTG株式会社プライムダイレクト

シックスパッドとは?

シックスパッドはクリスティアーノ・ロナウドのCMなどで有名なEMSです。クリスティアーノ・ロナウドはサッカー界では知らない人はいないスーパースターです。

京都大学名誉教授の森谷教授が発見した最も筋力を効率的にトレーニングできる周波20Hzを採用。また、効果検証も行われおり信頼性の高いEMSとなっています。

サッカープレイヤーの槙野智章選手や長友佑都選手をサポートたりとアスリートのサポートにも積極的に関与しています。

シックスパッドの種類は?

シックスパッドには全6種類があります。旧作のシックスパッドも合わせると8種類です。

アブズフィット2

アブズフィット2は腹筋を鍛えることができるシックスパッドです。主に腹筋前面を鍛えるEMSです。シックスパッドの中では1番人気の商品です。

私もアブズフィット2を継続的に利用しています。

ボディフィット2

ボディフィット2気になる部位(ウエスト・腕・脚)を鍛えることができる商品です。

アームベルト

アームベルトは腕を集中的に鍛える器具です。

Leg Belt

Leg Beltは新しく登場した商品です。脚を集中的に鍛えることができます。

Abs Belt

Abs Beltはお腹全体をぐるっと囲むように貼る商品です。お腹回りを効率的に鍛えます。

口コミでの評判は?

口コミでの評判は5点満点中4点ぐらいです。バタフライアブスに比べると口コミでの評価は高くなっています。私もこの評価には納得しています。全体的にシックスパッドが高性能です。しかし、シックスパッドアブズフィット2では価格がバタフライアブスの約3倍。部位別に商品がわかれていることを考えると、EMSにこれだけのお金を出せるのかという問題になります。

もっと手軽なEMSの方がいいという方はバタフライアブスが良いでしょう。

バタフライアブス

 

バタフライアブスは辛い腹筋運動をしなくても、1分間に最大4200回の電気振動をあたえる事で、インナーマッスルまで鍛える事ができます。

TV通販でも話題になっている商品です。今年に入って爆発的に売れているEMSです。アメリカの政府機関FDAの基準をクリアしているのでこちらも信頼のおけるEMSです。

バタフライアブスはひとつでお腹、腕、脚を鍛えることができるのでコストパフォーマンスの高いEMSです。販売価格も1万円程度と比較的購入しやすい価格です。

プログラム・レベルの調整

バタフライアブスには6種類の運動プラグラムと10段階のレベル調整がついています。

レベル調整は10段階と少なめです。EMSの刺激に慣れてきたときに高いレベルが選べないというは買い替えを検討しないといけないのはデメリットです。

口コミでの評判は?

口コミでの評判ですが5点満点中の3.5点ぐらいです。全体的にSIXPADよりも評価が低めになっています。しかし、価格設定からすると仕方ないのかなとは思います。単純に高性能のEMSが欲しい方はシックスパッドがおすすめですが、コストパフォーマンスからするとバタフライアブスが高いのであなたの基準で選んでくださいね。

結局どっちを買ったらいいの?

結論としては、シックスパッドもバタフライアブスも一長一短ですので、あなたにあったEMSを選んでくださいということになります。

選ぶ基準として、まずは価格ですね。価格はバタフライアブスがシックスパッドアブズフィット2の約3分の1ですので価格で選ぶならバタフライアブスアブスです。また、バタフライアブス1つで3ヵ所に使えるのコストパフォーマンスは高いです。シックスパッドで同じ3ヵ所を鍛えるためにアブズ&ツインボディセット2を購入するとなると60,800円と約6倍の価格になってしまいます。

単純に性能で考えるならシックスパッドがおすすめです。使ってみると強度や使いやすさ、素材などすべてがバタフライアブスよりも上です。私も継続的に使っているのがシックスパッドです。

シックスパッドでは大学教授らと共に効果の検証も行われており信頼性も高いです。また、シックスパッドの20Hzを見出した京都大学名誉教授の森谷敏夫さんは、ダイエットや筋トレの本を書いたり、ご自身も筋肉ムキムキのダイエット、筋トレの専門家でもあります。

簡単に比較すると。

価格で選ぶバタフライアブス
性能で選ぶシックスパッド
口コミで選ぶシックスパッド

となります。

他社のEMSとの比較

 価格口コミ評価
周波数使える場所
SIXPAD227,864円など20Hzお腹・腕・太もも
スレンダートーン21,384円など50〜70Hzお腹・腕
パーフェクト4500HOT151,200円4500Hz全身
スポパッド8,208円お腹・腕・太もも
Vアップシェイパー11,858円200Hz〜5000Hz
お腹
EMSエクサパッド1011,800円お腹
バタフライアブス13,824円お腹・腕・太もも