バタフライアブスの感想・レビュー。使い方などの紹介

TV通販でも大人気のバタフライアブス。

本当に効果があるのか?どんな商品なのか気になる方もいると思います。そこで、バタフライアブスを実際に体験しました。

この記事では、バタフライアブスの感想や使い方などの紹介をしています。

バタフライアブスとは?

バタフライアブスは辛い腹筋運動をしなくても、筋肉を鍛えることができるEMS器具です。

EMSは電気刺激で筋肉を動かし、引き締まった体になる事ができるので多くの商品が発売されています。

バラフライアブスは1分間に最大4200回の電気振動をあたえる事で、インナーマッスルまで鍛える事ができます。

公式サイト

バタフライアブスは公式サイトで購入することができます。

公式サイトでは30日間の返品保証がついています。また、6ヶ月の保証期間もあります。

商品の紹介

バタフライアブス箱

バタフライアブスの箱はこんな感じです。商品自体が軽いので箱もとても軽いです。

お得セットのご案内

バタフライアブスキャンペーン

商品と一緒に半年分のお得セットのご案内が入っていました。

本体お届けより1ヶ月以内に注文して場合は1,000円引きになるようです。

簡単スタートガイド

簡単な説明が書かれている説明書です。別途説明書が含まれていますが、こちらの説明書だけでも利用する方法を知ることができます。

説明書

バタフライアブス説明書

バタフライアブスの説明書です。簡単スタートガイドよりも詳しい内容が掲載されています。

  • 使用方法
  • プログラムの解説
  • お手入れの方法
  • 使用上の注意
  • など

の詳しい内容はこちらで確認できます。

セット内容

こちらはバタフライアブスの本体、ACアダプター、USBケーブルです。

ACアダプター、 USBケーブルは充電用。バタフライアブスの本体はプログラムを選んだり、刺激の調整をすることができます。トレーニング中はバタフライアブスの本体をゲルパットに取り付けて利用します。

ゲルパッド

バタフライアブスゲルパッドお腹に貼り付けて使うのがゲルパッドです。こちらは消耗品になりますので、定期的に交換が必要となってきます。

約30回を目安に交換が必要です。

バタフラアブス保護フィルム

ゲルパッドには保護フィルムが貼られていますので、トレーニング時には保護フィルムを剥がす必要があります。

トレーニング後には、保護フィルムを貼り付けて保管しますので、フィルムは捨てないようにしてください。

本体取り付け後

ゲルパッドにバタフライアブス本体を取り付けた画像になります。

これをお腹に貼ってトレーニングを行います。

感想・レビュー

使い方

バタフライアブスは到着後にすぐに利用できます。

利用するステップは、

  1. バタフライアブスの充電
  2. バタフライアブス本体をゲルパッドに取り付け
  3. ゲルパッドの保護フィルムを剥がす
  4. 貼り付けオン・アップボタンを押す

プログラムは全部で6種類です。プログラムボタンで選択することができます。強度は10段階です。オン・アップボタンで強度アップ、オフ・ダウンボタンで強度を弱くします。

バラフイアブスは効かない?

初めはプログラムでビギナーモードで利用してみました。ビギナーモードは刺激が弱めで物足りない感じです。刺激が物足りない方はプログラムで強度をあげた方が良いでしょう。

強度を上げていくと刺激が強くなりますので、筋肉に効いている感じはあります。

私は普段から筋肉トレーニングをしているので、筋肉痛にはなりませんでした。しかし、パソコンをしながら、スマホを見ながらでも利用することができますので、トレーニングの補助して利用します。

痛みはある?

バタフライアブスで痛みを感じることはありませんでした。

刺激でお腹に振動がくるので痛みを感じることもあるかもしれません。

バタフライアブスで痩せる?

1番気になるのは本当に痩せるかどうかでしょう。

1ヶ月程度利用して効果がありましたら、追記したいと思っています。