シックスパッド2は顔や肩・背中にも使える?貼る場所は決まっている?

シックスパッドを顔や肩・背中に使っていいのか?そんな疑問を持っている方がいましたので、シックスパッドを使える部位について紹介しています。

結果からいうと顔には使うことができません。それでは、どこで使えるのかというと

シックスパッド2は顔にも使える?

答えから言うとシックスパッド2は顔に使うことはできません。

公式サイトにも書いてあるように、首から上の部位(顔、頭など)には利用してはいけません。

顔に脂肪がつきやすい方は顔に使いたくなる気持ちもわかりますが、我慢してくださいね。顔痩せや顔の筋肉を鍛えたい方はMTGから発売されている『PAO』がおすすめです。

安全のためにも是非守ってくださいね。

シックスパッド2が使えない部位

シックスパッド2が使えない部位は以下の部位です。

  • 首から上の部位(頭、顔など)
  • 背骨(脊髄)
  • 胸部及び肩甲骨などの心臓周辺部位

シックスパッド2には使える場所が決まっていますので、使用場所を守って使うと安全です。

シックスパッド2使える場所

シックスパッド2が使える場所は以下の場所です。

Abs Fit2(アブズフィット)

腹筋

Body Fit2(ボディフィット)

BodyFit2(ボディフィット)の商品画像

ウエスト・腕・脚

Arm Belt

Arm Belt(アームベルト)の商品画像

腕・二の腕

Leg Belt

脚・太もも用

Abs Belt

Abs Belt(アブスベルト)商品画像

お腹周り

顔を鍛えるには?

顔の筋肉を鍛えたい方はMTGで発売されている『PAO』がおすすめです。

私も使っていますが30秒使うだけでも、顔の筋肉が刺激されて筋肉が疲れているのがわかるぐらいです。

肩を鍛えるには?

肩を鍛えるにはバイクプレスと呼ばれるトレーニングがおすすめです。バイクプレスはダンベルなども使う必要がない自重トレーニングです。

少し難易度が高くなりますが、壁倒立をすることでも肩を鍛えることができます。

背中を鍛えるには?

背中を鍛えるために有名なトレーニングはチンニングと呼ばれるトレーニングです。

チンニングとは懸垂です。

近くの公園に鉄棒がある方は、鉄棒を使ってトレーニングができます。

まとめ

シックスパッドは使える場所が決まっていますので、決まった場所に使いましょう。

他に鍛えたい場所がある場合には自重トレーニングなどを行いましょう