腹筋を割るためにはどのようにプロテインを摂取すればいい?

綺麗に割れたアスリートの腹筋ってカッコイイですよね。

しかし、ただ腹筋運動をしているだけでは、割れた腹筋を作るのは難しいのです。

そこで、この記事では腹筋を割るために重要なプロテインの摂取の仕方を紹介します。

なぜ腹筋が割れないのか。

頑張って腹筋運動をしているのに一向に腹筋が割れない…。

なんて悩みありませんか、実は、腹筋を割るためには腹筋運動をしているだけでは難しいのです。

その理由は体脂肪にあります。

割れた腹筋が浮き出すためにはまず、体脂肪を落とすことが必要になります。腹筋を割るためには、体脂肪率を15%以下、できれば10%以下まで落とす必要があります。

つまり、どんなに腹筋を鍛えて大きくしても、体脂肪を落とさないと脂肪の下に隠れてしまって見えないのです。

腹筋はもともと割れている。

腹筋が割れているという言葉をよく聞きますが、腹筋は誰でも割れています。

試しに、あなたの腹筋を押さえてみてください、脂肪の奥に腹筋が隠れていると思います。

例えば、まったく筋肉質ではなく細身の男性で腹筋が薄っすらと割れているの人を見たことがありませんか?このような方は、脂肪が極端に少ないために筋力トレーニングをしなくても、腹筋が見えている状態なのです。

つまり、割れた綺麗な腹筋を手に入れるには、普段は隠れている腹筋が見えるようにすることが重要なのです。

腹筋を割るための食事

腹筋を割るためには、脂肪を減らす必要があるので食事には気をつけなければいけません。

特に、カロリーの高い食事、ジャンクフードやファーストフードなどは食べないようにしましょう。また、ビールや炭酸飲料などの飲み物のダイエットには向いていません。

現在、流行中の糖質制限ダイエットを行うのもおすすめです。糖質制限ダイエットは糖質を抜く、または、減らすことで効率的に脂肪を減らすことができるということで人気となっています。

短期集中ダイエットのために多くのパーソナルジムでも採用されています。

糖質制限ダイエットは糖質を減らすだけでいいので、取り組みやすいダイエット方法でもあります。

また、脂質を抜く、または、減らす。脂質制限ダイエットもあります。脂質制限ダイエットは脂質を減らすことでダイエットを行う方法です。糖質制限に比べると体重はゆっくりと減少していきます。

ちなみに、私がダイエットを行う際には脂質制限ダイエットを行っています。

糖質制限と脂質制限では、どっちがダイエット効果があるのか?

筋肉をつけるには、良質なたんぱく質を摂取しましょう。筋肉はたんぱく質からできていますので、たんぱく質の摂取は必須です。

理想は体重の1.5倍~2倍程度です。カラダを大きくするためには3倍程度のたんぱく質を摂取する方もいますが、ダイエットを兼ねている場合は1.5倍程度でも良いでしょう。

たんぱく質は、牛肉、鶏肉、卵、牛乳などに含まれています。これらの食品をバランスよく摂取することで、筋肉がつきやすくなります。おすすめは鶏むね肉です。

鶏むね肉は皮を取ってしまえば高タンパク質、低脂質のダイエットや筋肉に最適な食品となります。何を食べていいのか悩んだと気には鶏むね肉を摂取しましょう。

ダイエットには鶏むね肉が最強と思う。自己流レシピ・作り方。

腹筋を割るためのプロテイン

良質なたんぱく質を摂取するために有効なのがプロテインです。

プロテインは、たんぱく質を効率よく摂取できる食品です。スポーツ選手などが飲んでいるイメージがありますよね。

プロテインは、ムキムキに人が飲んでいるイメージがありますが、ダイエット中に飲んでいる人も多いです。プロテインは高タンパク質で低脂質、低糖質、ですのでダイエット中には最適な食品です。

プロテインの効果的な摂取時間はトレーニング後です。トレーニングが終わり30分以内に摂取することで筋肉を効率よく増加させることができます。

プロテインは多くの種類が発売されていますが、初めて購入する方はあまり高すぎる商品はおすすめできません。プロテインは長く飲むことになるので、続けることができないと意味がありません。

価格の安いプロテインは以下のページでも紹介しています。

コスパ最高!価格の安いプロテインを比較してみました。

プロテインを飲まないという判断も

プロテインを1日に一杯の飲もうとすると100kcal程度を摂取することになります。そのために、ダイエットのためにはマイナスになることもあります。

そのため、脂肪を減らすことが目的の場合はプロテインを飲まないことで摂取カロリーを減らすことができますので、あえてプロテインを飲まないという選択肢もおすすめです。

腹筋を割るための筋肉トレーニング

全身を鍛える

腹筋を割るためには、脂肪を落とす必要があります。筋肉を鍛えることで効率良く脂肪を落とすことができます。

腹筋を割るためには、まず、腹筋を鍛えることを考えること思います。しかし、腹筋は薄く小さい筋肉ですので効率良く基礎代謝を上げることはできません。

効率良く基礎代謝を上げるためには、大きな筋肉を鍛える必要があります。人間の筋肉で大きな部分は背中や胸、太ももなどです。これらの筋肉を鍛える事で効率良く基礎代謝を上げることができるようになります。

胸の筋肉を鍛えるには腕立て伏せ。背中の筋肉を鍛えるにはバックエクステンション。太ももの筋肉を鍛えるにはスクワット。などのトレーニングをすることで鍛えることができます。

腕立て伏せ(プッシュアップ)

バックエクステンション

スクワット

腹筋を鍛える

腹筋を割るためには、体脂肪を減らし、筋肉を大きくする必要があります。

そのためには筋トレが必要になってきます。

腹筋のやり方はMuscleWatchingさんの動画がわかりやすいです。この筋トレは腹筋の上部と下部を同時に鍛えることができる筋トレです。

他にも腹筋を鍛えるトレーニングはYouTubeなどで多く紹介されていますが、ポイントはどんなトレーニングでも続ける事です。効率良くトレーニングをすることも重要ですが最も大事なことは続ける事です。

こんな腹筋目指してみる?

EMSで腹筋が割れる?

最近、人気の筋トレ器具にEMSがあります。クリスティアーノ・ロナウド選手がCMにも登場するシックスパッドを知っている方は多いと思います。

最新EMS・SIXPAD(シックスパッド)2の口コミや効果は?

このようなEMS商品を使って腹筋を割りたいと思っている方も多いと思いますが、正直に言ってEMSを使うだけで腹筋を割るのは難しいと思います。

腹筋を割るには様々な要因が重なってくるために、食事制限や運動などを組み合わせることのが必要です。以下の記事でもEMSと腹筋について書いていますので、参考にしてください。

EMSで腹筋が割れる?引き締まったウエストになる?

まとめ

腹筋を割るためには、脂肪を落とし、腹筋を肥大させましょう。

そのためには、脂肪を落とし筋肉を効率よく鍛える食事と、筋トレが必要です。優先順位はまずは脂肪を落とすことです。

なかなか腹筋が割れないという人は、食事方法を見直しましょう。